【写真多め食レポ】こうちゃんうどん(安曇野市)

安曇野市豊科は言わずも知れた「うどん激戦区」

得得うどんや丸亀製麺などを軒を連ねる中、ひときわ異彩を放つ創作うどんのお店があります。

それがこうちゃんうどん

 

いつもお店を通り過ぎる度に気にはなっていました。

なかなか一歩を踏み出せずにいたのですが、本日はこちらのこうちゃんうどんさんにお邪魔したいと思います。

 

噂によると、チェーン店のうどん屋さんとは見た目もかなり違い個性的だとのことです。

果たしてどんなうどんに巡り合えるのか楽しみです。

 

↓動画もアップしてますのでよろしければご覧ください↓

スポンサードリンク


こうちゃんうどんの店内、メニュー

店内は広く落ち着いた雰囲気で

お座敷席が2席に

テーブル席が3席ほど。

その他にカウンター席などもあります。

 

お一人様も、家族でお邪魔してもゆっくり過ごせそうです。

 

ちなみに、営業時間が11:00~18:00までとお昼過ぎでも通しで営業されているお店でなので時間を気にせずお邪魔できるのも嬉しいですね。
※コロナ禍なので、営業時間が変更になる可能性もあります

 

さて、そんなこうちゃんうどんさんのメニューを確認していきます。

かけうどんやぶっかけ、更には天ぷらといったメニューはなく
「さんま節」
「鴨だし」
「煮干し醤油」
など、なんだかラーメン屋のようなメニュー。

奥さんだと思いますが、おすすめのメニューを丁寧に説明して下さいました。

初めての方は「さんま節焼きネギしょうゆ」がおすすめだとのことです。

かつお節、サバやアゴなどはなんとなく聞いたことがありますが、そこをあえてのさんま節という異彩ぶりとこだわり。

 

おすすめの「さんま節焼きネギしょうゆ」を注文することに。

せっかくというか食いしん坊なので、もう一品うどんを食べたいと思い

またおすすめを聞いてみました。

限定メニュー「ぶーぶー言わしたるうどん

ぶーぶー(豚)言わし(イワシ)たるということで、豚骨といわし節を使用しているのだとか。

ネーミングセンスも使われている食材もかなりこだわりを感じます。

 

あっさりめの豚骨にイワシをブレンドしたおうどんのようでこれもおすすめなのだとか。

せっかくなので、おすすめのぶーぶー言わしたるうどんも注文することにしました。

 

注文したメニュー

さんま節焼きネギしょうゆうどん 880円

ぶーぶー言わしたるうどん 950円

スポンサードリンク


うどん到着

さて、最初に頼んだメニューが到着しました。

さんま節焼きネギしょうゆうどん

やはりメニューの写真通りで、うどんとは思えない見た目です。

ただ、とてもおいしそうであります。

 

しかも、うどんの横にはごはんが鎮座。

うどんを食べ終わった後にスープをごはんに入れてスープ茶漬けとして楽しむ用だそうです。

うどんに茶漬けに、かなりスープを研究されて自信があるからできる技なのかもしれません。

期待値が高まります。

 

早速スープをひと啜り

複雑ですが、色々な出汁の香りと味がしておいしいです。

何種類かの出汁をブレンドして作られているようで、とても深い味わいに感動です。

 

麺に行く前に何口かスープを堪能してました。

うどんは全粒粉を使用しているようで、小麦の香りもしてコシがあっておいしいうどんです。

 

良い意味で期待値を超えてくる計算つくされた一杯という感じ。

 

そして麺を食べて、これはうどんだと気付く感じで、

見た目は一般的なうどんとは違いますが間違いなくうどんだと思わされます。

焼きネギは香ばしくていいアクセントになっています。

角煮風のお肉は、焼き目がしっかりついていて、箸で持つと崩れるほどトロトロです。

味もしっかりついていて、これでけでもごはんをかき込みたくなるほどのうまさ。

 

麺を全部食べた後も、まだ楽しみが続きます。

そう、スープ茶漬けです。

スープがおいしいだけに、茶漬けにしたら間違いなくおいしいやつだと食べる前から分かります。

 

しかも、うどんを注文すると最初から茶漬け用のごはんがセットで着いてくるのも嬉しいです。

さらに、50円で茶漬け用ごはんのおかわりができるのだからたまりません。

スープを二度楽しめるとても贅沢な一品でした。

 

ぶーぶー言わしたるうどん

とても満足のいく一杯でしたが、もう一つ注文をしていました。

ぶーぶー言わしたるうどん。

こちらもしっかり茶漬け用のごはんが付いています。

 

干しワラビ
白髪ねぎ
角煮風のお肉
など具材が豊富です。

 

見た目は、豚骨という感じがあまりしませんがどうでしょうか。

スープをすすってみます。

あっさりした豚骨に、節を感じるうまいやつです。

先ほどのうどんとはまた少し違い豚骨のコクを感じるスープです。

 

ワラビや白髪ねぎと一緒にうどんをすすってみます。

 

うん、これは間違いない。

好みもあると思いますが、こちらのうどんの方が好みかも知れません。

 

こちらも麺を食べ終わった後にスープ茶漬けを楽しめます。

 

今回は、角煮風お肉と海苔を残してごはんと一緒に食べてみます。

 

うん、控えめに言って最高です。

 

うどんはもちろんのこと最後のスープ茶漬けにも大満足の一杯でした。

いやぁ、おいしかったです。

帰り際にこうちゃん(店主さん)と少しお話をさせていただいました。

「初めて来店される方は、ラーメンだと思っている人が多い。
なんでスープが甘いんだ!とか言われることもありますが、
出汁の甘味と旨味なので、その辺を正当に評価されると嬉しい」
とのことでした。

 

こだわりを貫くけどなかなか思い通りにいかないこともある苦悩を垣間見させていただきました。

 

他では食べれないようなこだわりの詰まったうどんをいただけるこうちゃんうどんさん。

是非また一人でもファンが増えるといいなと思いました。

 

ごちそうさまでした。

 

スポンサードリンク


この記事が「いいな」と思ったらシェアお願いします!