プルーム・テックのメリット・デメリットを考察してみる

 

どうも、@とむ!です。

最近電子タバコが身近になり、あなたの周りの人でもアイコスやグロー、プルーム・テックなどを吸っている人が増えたのではないでしょうか?

 

最近ではコンビニでもスターターキットなるものが気軽に購入できるようになりました。

 

 

そんな中で、プルーム・テックを検討しているけど実際のところどうなん?

 

と思っているあなたのためにプルーム・テックとグロー、普通のタバコの三刀流をぶちかましながらタバコライフを満喫しているボクがプルーム・テックのメリットやデメリットを考察していこうと思います。

 

 

あくまでもこれから記載することは、ボクの主観で記載していますのでご了承ください。

以下の画像は全てプルーム・テック公式サイト(https://www.ploom.jp/tech)から引用をさせていただいております。

 

プルーム・テックってどんな構造なの?

まずは、プルーム・テックの構造と煙が出る仕組みの説明を。

 

プルーム・テックは

  • バッテリー
  • カートリッジ
  • たばこカプセル

の3つの部品から成り立っています。

 

このカートリッジの中には、煙が出る元となる液体(グリセリンやグリコールの混合物)が染み込んだ綿が入っています。

この染み込んだ液体がバッテリーから送られる熱風で気化して、煙に変わります。

 

その後、熱風で気化した煙がタバコカプセルを通過する時に、タバコのフレーバーをつけて最終的に口の中にタバコのフレーバーのを感じられる煙が入ってくるという仕組みです。

 

今までのアイコスやグローなどは実際にタバコの葉を熱してタバコのフレーバーを付加しているのに対して、プルーム・テックは直接タバコの葉を熱しないという特徴もあります。

 

プルーム・テックのメリットは?

ボクが実際にプルーム・テックを使用していて感じるのメリットをいくつか挙げてみます。

 

メリットは

  • 連続で吸い続けることができる
  • アイコスやグローに比べてにおいが気にならない(むしろ無臭に近い)
  • 灰皿を必要としない

といったところです。

 

プルーム・テックは連続で吸い続けることができる

 

プルーム・テックがアイコスやグローに比べて良い点は、バッテリーが持つ限りいつでもすぐ吸えて、いつでもすぐ吸うのをやめられるという点です。

 

アイコスやグローは、一度電源を入れると1本のタバコが過熱し終わるまで吸い続けられます。

いわゆる「1口、2口だけ吸いたい」という時には、アイコスやグローは少し不便さあります。

 

その点、プルーム・テックは吸いたいときに吸い口に口をつけて吸う時だけ電源が入り、タバコフレーバーの煙を楽しむことができます。

 

そのため、ちょっとだけ吸いたいという時に適していると言えそうです。

 

 

また、プルーム・テックはバッテリーとタバコカプセルがある限り、連続吸いが可能です。

逆を言うと「終わりがない」ため沢山吸ってしまうという点もあるかも知れませんが、実際にボクが吸っていてもそこまで連続吸いはしないかなとは思っています。

プルーム・テックはにおいが気にならない(むしろ無臭に近い)

 

これもプルーム・テックの特徴の一つとして、においが気にならない(むしろ無臭に近い)という点です。

 

アイコスやグローと比較しても、車の中で窓を閉め切ってプルーム・テックを吸ってもダントツで全然においが残りません。

(グローは自分で所持していますし、アイコスは何度か友人から吸わせてもらった感想です)

 

これならタバコのにおいが嫌いな彼女とのドライブデートでも気にせず吸えますねってくらいにおいがないです。

 

ぼくは仕事柄、1日に何人もの人と会う仕事をしているため、タバコのにおいをさせないために普段はプルーム・テックを使用しているという使い分けをしたりしています。

灰皿を必要としない

 

プルーム・テック自体はタバコカプセルを使用していて、実際にタバコの葉を熱するアイコスやグローとは違う点があります。

そのため、吸っている最中も灰皿を必要としない点も特徴です。

 

実際にはタバコカプセルはおおよそ50回吸ったタバコのフレーバーがなくなると言われているので、その時にタバコカプセルはゴミ箱にポイっとすればそれだけでOKです。

 

プルーム・テックのデメリットは?

ボクが実際にプルーム・テックを使用していて感じるのデメリットをいくつか挙げてみます。

 

デメリットは

  • カートリッジから煙がでなくなりタバコカプセルが余る
  • アイコスやグローと比べてタバコの味が弱い

といったところです。

 

カートリッジから煙がでなくなりタバコカプセルが余る

 

プルーム・テックを吸う時にタバコカプセルを購入するのですが、購入するとカートリッジが1本付いてきます。

このカートリッジが煙の出る元となるのですが、残念ながら5つのタバコカプセルを吸い終わる前にカートリッジから煙が出なくなることがよくあります

 

おそらく、ボクの吸い方が悪い(一吸いが大きい)のもあると思いますが、割とカートリッジが先に終わりタバコカプセルが余るということがよく起こっているようです。

 

なので、どんどんタバコカプセルが余るという状況に陥ります。

 

そんな状況を解決できる方法をまとめた記事も書いていますので、よろしければご参考までにお願いいたします。

【関連記事:プルーム・テックでタバコカプセルが余る時の対処方法

 

アイコスやグローと比べてタバコの味が弱い

これは、アイコスとグローとプルーム・テック全てを吸ってみた時のボクの感想ですが、プルーム・テックはアイコスやグローと比較してタバコの味が弱いと感じます。

 

実際にタバコの葉を熱しているアイコスやグローと比べると味が弱くなるのも当然だとも思います。

 

自分の中で順位をつけるとすれば、

アイコス〈グロー〈プルーム・テック

といった感じです。

 

そのかわりアイコスのように、タバコの葉が詰まるのでこまめな掃除が必要なかったりといい面もあるんですけどね。

こればっかりは個人の好き嫌いが分かれる感じでしょうか?

 

プルーム・テックのメリット、デメリットのまとめ

今まで記載した内容は、完全にボクの主観になりますが、シーンに応じて色々なタバコを使い分かるというのもアリなのではと思ってます。

 

そんな僕は、普通のタバコとグローとプルーム・テックを使い分けています。

飲み会などでガッツリタバコを吸いたい時は普通のタバコを吸って、仕事中はにおいが気になりにくいグローとプルーム・テックを使い分けるという使い方です。

 

楽しみ方も人それぞれだとも思うため、あなたの新しいタバコ選びの参考になったら幸いです。

 

この記事が「いいな」と思ったらシェアお願いします!