プルーム・テック 液体(リキッド)を補充してカートリッジを長持ちさせる方法

 

どうも、@とむ!です。

皆さん、プルーム・テックライフを楽しんでますか?

最近では、プルーム・テックもコンビニなどで気軽に購入できることもあって、プルーム・テックユーザーも増えた感じがします。

 

 

そこで、普段プルーム・テックを使っていて、よく聞く困ることは

煙が出なくなってカートリッジを新しく使っているとタバコカプセルが余る

ということではないでしょうか?

 

 

実際に私もプルーム・テックを使っていてタバコカプセルが全て使い終わる前に煙が出なくなります。

そこで、カートリッジだけを新しいものにすると、結果としてタバコカプセルのみが余ってしまうという状況に陥り困ってました。

 

 

そこで、カートリッジに煙が出る液体(リキッド)を補充することで、カートリッジを復活できる方法を見つけ実施してみました。

他にもいくつかの方法を試してみましたが、液体(リキッド)を補充してカートリッジを復活させる方法が一番コスパ的にも良いと思いました。

 

 

今回は、ある液体(リキッド)を補充してカートリッジを復活させる方法を紹介します!

 

 

スポンサードリンク


【まず最初に】プルーム・テックの煙が出ない正体はカートリッジの使用期限切れ

まずは、プルーム・テックの構造と煙が出る部分の説明を。

 

プルーム・テックは

  • バッテリー
  • カートリッジ
  • たばこカプセル

の3つの部品から成り立っています。

 

 

このカートリッジの中には、煙が出る元となる液体(グリセリンやグリコールの混合物)が染み込んだ綿が入っています。

この染み込んだ液体(リキッド)がバッテリーから送られる熱風で気化して、煙に変わります。

 

つまりは、この液体(リキッド)がなくなってしまう=煙が出ない!

という原因につながる訳ですね。

 

 

液体(リキッド)がなくなったカートリッジの復活方法は

  • ①煙が出る元となる液体(リキッド)を補充してあげる
  • ②カートリッジを別に購入する

という2つの結論に私は至りました。

 

 

しかし、問題なのが②のカートリッジを別に購入する方は、すぐにカートリッジを新品の物で使えるので面倒はなのですが、コスパ的に割高になってしまうという点が一番のネックになってしまうんですよね・・。

 

そこで、カートリッジに液体(リキッド)を補充してカートリッジを復活させる方法を今回は採用してみます。

 

スポンサードリンク


カートリッジに液体(リキッド)を補充する方法

プルーム・テックでタバコカプセルを購入すると、必ず新品のカートリッジが1本同封されています。

このカートリッジの中に、煙が出る元となる液体(グリセリンなどの混合物)が補充されていて、この液体(リキッド)が終わることで、カートリッジ自体から煙が出なくなるという現象に陥ります。

 

そこで、カートリッジの中に入っていた液体(グリセリンなど)を補充させてカートリッジを復活させて再利用しようという方法です。

 

プルーム・テックでのリキッドを補充することのメリット

ランニングコストが抑えられる

という点です。

 

逆にデメリット

  • リキッド補充に若干手間がかかる
  • 正規カートリッジに比べ煙の持ちが悪い

という点です。

 

 

ボク自身、こっちのリキッド補充を行っていますがデメリットの2つとも特段気になったことはありません。

補充する回数が増えますが、補充しているあるカートリッジ2本を持ち歩いていれば1日で両方とも終わるということはありません。

 

 

で、実際に使用しているリキッドですがコチラです。

 

 

コチラはグリセリンとプロピレングリコールが50:50で配合されているものです。

ボク自身もこれを愛用していますが、購入してから1か月ほどですが10/1程度の減り方です。

 

基本はリキッド自体にフレーバーがついていないタイプなので、基本はタバコカプセルの味がダイレクトで感じられるという感じです。

個人的にはこれで十分かと思います。

 

 

実際にリキッドを補充している時の動画をアップしましたので、よければご確認下さい。

 

他にフレーバーを足して、更にのどにガツンと欲しいなという方はフレーバー付きのリキッドなんかを購入してみて使ってみてもいいんじゃないでようか?

 

ただし、リキッド自体の値段も高めのため若干割高になります。

 

 

スポンサードリンク


プルーム・テック純正カートリッジとリキッド補充したもので吸い比べてみた

リキッド補充をしたカートリッジと純正カートリッジでの吸いごたえを比較してみました。

 

実際に比較してみた動画はコチラになります。

 

煙の量については、リキッド補充した方が多いと感じました。

 

しかし、味についてはやはり純正カートリッジの方が味が濃い感じがした上に煙の持ちは良いと感じています。

リキッドは余ったタバコカートリッジ分を消化するためのものとして割り切れば、ボク自身は十分満足できるかなと思います。

 

プルーム・テックで液体(リキッド)を補充する方法のまとめ

プルーム・テックは使用していて、カートリッジが先に終わってしまいタバコカプセルのみが余ってしまうという状況で困っている方が多いように思います。

 

そもそも、カートリッジの煙が最後まで残るように改良してほしいですがしばらくは無理そうかとも思います・・。

 

そんな中、割と簡単に液体(リキッド)を補充してカートリッジを復活させる方法を紹介させてもらいました。

実際に、私もこの方法でカートリッジを復活させてプルーム・テックを使用しています。

液体(リキッド)を補充しておいたカートリッジを常に2本保有しておくとカートリッジが1本終わった場合でも、すぐにもう1本のカートリッジを使えるので、便利に使っています。

 

このような方法でカートリッジを復活させてプルーム・テックライフを楽しめたらいいのではと思います。

 

それではまたっ。

 

 

スポンサードリンク


この記事が「いいな」と思ったらシェアお願いします!