【南松本・鶏支那屋・メニュー】らーめんは新しい淡麗系だった!

 

どうも、@とむ!です。

今回は、南松本駅前にある鶏支那屋(とりしなや)に行ってきました。

 

店の広さは、カウンターが6席ほど。

靴を脱いで入れるテーブル席が2つというあまり広くはないお店です。

しかし、平日のお昼時にいったら5人ほど外で待ってるほど人気店でした。

駐車場はないらしく、隣にある東京インテリアさんに車を停めてこられるお客さんが多いのだとか。

 

鶏支那屋のメニューを確認する

中の待合室で待っている時に定員さんに鶏支那屋のメニューを渡されて、先にオーダーできました。

 

主なメニューは

  • らぁめん 760円
  • みそ 890円
  • 豚骨醤油 830円
  • つけめん 940円
  • 油そば 600円

といったところ。

 

 

まずは一番おすすめのらぁめんを注文しました。

お昼のちょうど12時くらいにお店の前に到着し、店の中に入って注文の品が来たのがおおむね10分ほどでした。

思ってたほど待たなかったという感じです。

 

 

スポンサードリンク


鶏支那屋のらぁめん到着

 

らぁめんのトッピングは

  • 多きめでほろほろ口の中でほどけるチャーシュー(厚め)1枚
  • わかめ
  • めんま
  • ナルト
  • のり
  • ねぎ

です。

 

麺は中太のちぢれ麺です。

 

 

実際に食べた感想は

しっかりダシの出ている鶏ガラで昔ながらの中華そばでスッキリ系かと思いきや、ラーメンの上に乗っている鶏油(ちーゆ)が鶏の旨味をぎゅっと感じられる感じです。

 

このスープがちぢれ麺と絡まって口の中で懐かしい中華そばの味を感じながらも、鶏の旨味も同時にやってくるというなんとも新しい感じでした。

 

 

まさにスッキリ淡麗系がぴったりくる一杯で他の店にはない味でした。

 

いつもコッテリ系のラーメンばっかり食べている方などは、こういうジャンルもたまに食べるといい意味で衝撃を受けるんじゃないでしょうか。

 

個人的には、かなり好きな部類のラーメンでした。

 

 

スポンサードリンク


鶏支那屋の場所

鶏支那屋は南松本駅前です。

詳しくはグーグルマップをご確認下さい。

 

スポンサードリンク


この記事が「いいな」と思ったらシェアお願いします!